違いを知ることが大事!電子タバコのリキッドの種類と煙草との違い


紙巻き煙草と電子タバコの特徴的な違い

時代の移り変わりの中で健康への悪影響を懸念して紙巻き煙草から電子タバコに変える人も増えています。喫煙をしたことのない人にとってはどちらも同じに感じられるかもしれません。紙巻き煙草との大きな違いは使用されている原料です。紙巻き煙草が葉っぱを燃焼させて発生した煙を吸うのに対して、電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を蒸発させて発生した水蒸気を吸う形になります。電子タバコのリキッドには健康へ害を及ぼすと言われているタールやニコチンが含まれていないのが特徴です。そのため、電子タバコを吸い続ければニコチンによる依存症を解消して禁煙に繋げることもできます。

電子タバコのリキッドの種類

需要の増加に伴って電子タバコのリキッドは数多く生産され始めています。大きく分類するとフルーツ系、スイーツ系、メンソール系の3つです。フルーツ系はストロベリーやオレンジなど普段食べている果物と同じ味わいを感じられるのが特徴で、甘さだけでなく酸味も体験できます。電子タバコの定番とも言われるフルーツ系は女性にも人気です。

スイーツ系もフルーツ系と並んで人気が高いリキッドです。名前の印象から女性中心のイメージを持たれがちですが、意外にも男性の利用者は多くいます。チョコレートやキャラメルといった一般的な物からアップルパイ、チーズケーキなど特定の商品のリキッドまで幅広く楽しめるのが特徴です。スッキリとした味わいが魅力のメンソール系は、紙巻き煙草の頃から愛用しているという人に人気があります。

ニコチンリキッドには依存性のあるニコチンが含まれている為、常習的な使用をすると、落ち着かなくなったりイライラするなどの症状が出る場合があります。