一度は試してみたいvapeの変わり種フレーバー3選


リラックス効果が期待出来るお茶味のフレーバー

日本でも人気急上昇中のvapeですが、お隣の国である中国はvapeの先進国であり日本にはない様々なフレーバーが出回っています。そんな中国にあるフレーバーの中でも日本人にも馴染み深いのがお茶味のフレーバーです。お茶は中国でも日本でも古来から楽しまれたものであり、嗜好品ということもあってvapeとも決して相性は悪くありません。緑茶や烏龍茶といったフレーバーならvapeもより高いリラックス効果を期待することが出来ます。

思わずお腹が空いてしまう料理系フレーバー

外国では実に様々な種類のvape用フレーバーが販売されていますが、その中には冗談で作ってしまったような変わり種のフレーバーもあります。中でも特に変わっているのは料理系のフレーバーです。vapeのフレーバーと言えばメントールやフルーツ系などが定番ですが、料理系はベーコンやピザなどおおよそvape用のフレーバーとは思えないようなものもあります。思わずお腹が空いてしまう可能性があるので日常的に使用するのには向いていないかもしれませんが、一度は試してみたいフレーバーです。

食後に楽しみたいスイーツ系フレーバー

食後にデザートを楽しむという人は少なくありませんが、そういった人に一度は試して欲しいのがスイーツ系のフレーバーです。電子タバコのイメージとスイーツは合わないかもしれませんが、世の中には甘い物好きな人が多いので意外とスイーツ系のフレーバーは種類も豊富で人気フレーバーとなっている商品もあります。慣れていない人は思わずあまりの甘さにびっくりしてしまうかもしれませんが、vape初心者にとっては始めやすいフレーバーとも言えます。

vapeの日本製はニコチンが入っておらず、リキッドのみです。したがってvapeに変えれば禁煙したことになります。