喜ばれる内祝いにカタログギフトを選んでみよう


相手の欲しいものはわかりにくい

内祝いを送るときには、相手に喜んでもらえるものを選んでいきたいところです。しかし、実際には多くの人に同時に贈ることも多く、また一人一人のニーズをつかんでいくことが難しいため、喜んでもらえるものが何かわかりにくいものです。そのため、無難なもの、いくつあってもいいものになりがちで、ほかの人と同じものを贈ってしまうことも多くなります。それではせっかくの感謝の気持ちも半減してしまうでしょう。無駄なものを贈ってしまうことはできるだけ防いでいきたいですから、相手の欲しいものを贈れる形をとっていくのがおすすめです。そこで利用したいのがカタログギフトです。相手に選んでもらうことができるので無駄にならない点が大きなメリットといえます。

カタログギフトにもいろいろなものがある

相手の趣味につながるものなどは喜んでもらいやすいですが、実際に持っていたり使ったことがあったりするものも多くなりがちで、選ぶのに難しさも出てきます。その点カタログギフトなら、おおよそのジャンルを選んでそれに合ったカタログギフトにすることもできます。例えば旅行が趣味の方なら旅行商品がメインのもの、食べることが好きな方ならお取り寄せグルメの多いものなど、その人の趣味に合わせて選んで贈り、その中から好きなものを選んでもらうことができるのです。もちろん趣味が絞り切れなかったら、多くのジャンルが掲載されているものを選ぶこともできます。カタログの中までしっかり見て選んでいくようにしましょう。

出産内祝いは出産祝いを受け取ってから1~2ヶ月の間で送ることが好ましいとされています。しかし、あくまでも目安なので必ず守るべきルールではありません。